娘2人国公立大学医学部合格【地方公立出身のバリスポ娘】

スポーツで全国大会出場経験の娘2人が地方公立高校から国公立医学部合格の受験サポート記

【受験合格発表時の親の接し方】「寄り添う」大切さを知るエピソード

娘の友達のエピソードです。不合格だった時の親の接し方で子供は変わる!

涙なしでは語れない心温まるお話です。

「共通テスト」→「推薦入試」→「前期試験」→「中期試験」→「後期試験」を最後まで全力を尽くすことが出来る子

娘が同じクラスで運動部のキャプテンをしていた男の子です。

彼が最初に出た合否で不合格が続きながらも、受験を最後まで全力でやり通せたのは、本人の努力はもちろんのこと、親の支えがどれだけの影響を与えたのかを感じられずにはいられないお話です。

 

私も娘から彼のことを聞きながら、感動して泣きながら聞いていました。

「この大学に行きたい」という熱い気持ち

彼にはずっと目指していた「大学」と「学部」がありました。

医学部ではありませんが、その大学を「推薦入試」「前期試験」で受験しました。

 

「推薦入試」は「前期試験」の前に行われます。

「推薦入試」を受験にするにあたって、

  • 「志望動機」の提出
  • 「学科試験」の他に「面接」・「小論文」試験

 

などの対策が必要になります。

娘達の高校は公立高校です。

受験勉強は概ね高校に入ってからになります。時間に余裕はありません。

それに加え彼は運動部の所属でしたから、ほぼ毎日部活がありました。

 

「共通テスト」・「前期試験」の対策の他に「推薦入試」もとなると、相当の「熱い気持ち」「体力」が求められるでしょう。

それでも彼は自分の信念を変えませんでした。

そして迎えた「推薦入試の合格発表」の日。

「推薦入試の合格発表」の当日と翌日の母親の寄り添い

「推薦入試の合格発表」の日、彼のお母さんは仕事を早めに切り上げ、合格発表を一緒に見てくれたそうです。

結果は「不合格」でした。

その日の夕食は、彼の大好物の「お母さんの作った手作りハンバーグ」だったそうです。

きっとお母さんは、結果が「合格」でも「不合格」でも、息子の大好物の「手作りハンバーグ」を作るつもりだったのでしょうね。

 

そして翌日の昼食時、彼がお弁当を開けたら、お弁当に入っていたのはお母さんが作ってくれた「ハンバーグ」「お手紙」だったそうです。

 

そこには、「よく頑張ったね」と言うねぎらいの言葉と、「次も頑張ろう」と言う応援メッセージが…。

そのメッセージを読んだ彼は、泣きながらお弁当を食べていたそうです。

 

その話を聞きながら私は思いました。

 

ポイント
「彼なら乗り越えられる。最後まで全力を尽くせるだろう」

 

実際いるんです、受験を途中であきらめる子が。

例えば、最初の合格発表で不合格になってその後モチベーションが保てず、「合格」出来るはずの学校まで「不合格」になってしまう子。

「共通テスト」の自己採点の結果に落ち込み、国公立大学受験を放棄して受験しない子。

 

でも彼は途中で投げ出すこともなく、ひたむきに自分の夢に向かって、「前期試験」→「中期試験」→「後期試験」まで全力で戦いました。あきらめませんでした。

彼のお母さんはきっと、「最後までやれ」なんて一言も言ってないはずです。

では「なぜ?」

ポイント
それは彼のお母さんが、苦しい時に「寄り添って」くれたからです。

 

何ものにも代えがたい力になりますよね。

もし、彼のお母さんが「不合格」を責めていたらどうだったでしょう。

「なんで落ちたの?」「やる気あったの?」

こんな言葉を発していたら、頑張れますか?

勿論、悔しいのは親だって同じです。

凄く応援してきたし、一緒に頑張ってきたのですから。

でも、子供に向ける言葉や行動の前に、もう一度振り返ってください。

それが、

「子供に向けた」ものなのか。

「自分に向けた」ものなのか。

 

「寄り添う」ことの大切さ

彼が入学したのは「中期試験」で合格した学校でした。

大学受験の結果だけでいうと、彼の目指した希望する大学ではありませんでした。

しかし、

彼のこの先に続く道はきっと「輝く」ものであり、それにふさわしい「強い心」を持って壁を乗り越えていくだろうと確信しています。

 

彼の「熱い気持ち」「頑張れる力」は、お母さんの「愛」が支えになっているのでしょうね。

「頑張る子」だから「寄り添う」のではなく、「寄り添う」気持ちが「頑張る子」になるのだと思います。

 

「池江璃花子選手」のお母さんも同じだった

水泳のオリンピック出場の「池江璃花子選手」のお母さんのお話にこのような言葉があります。

言葉
「オリンピック選手の娘も病気の娘もどちらも愛しい娘には変わりはない」

 

当たり前のようで、でもハッとさせられる言葉でした。

良い時もそうでない時も「気持ちを分かってくれる」「愛をくれる」お母さんだから、今の池江選手までになれるんですね。

私もこの言葉を聞いて反省しました。

もし娘達の結果が違っていたら?

このお2人のお母さんのように出来ただろうか?

でも今からでも遅いことはないと思います。

これからの進む道のが長いのですから…。

一緒に頑張りましょう!

ひとことメッセージ

池江璃花子選手のお母様の言葉

「オリンピック選手の娘も病気の娘も、どちらも愛おしい娘には変わりない」
お子様の頑張れる力は、親御様のが支えです!